日ハム清宮、登場曲を米津『パプリカ』にされ犯人の清水・横尾に一喝

headline_L

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1561103626/

1: 風吹けば名無し 2019/06/21(金) 16:53:46.76 ID:yq9mlW8ap
https://www.google.co.jp/amp/s/www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1442889/480amp
横浜の夜空に、怪物が大きな花火を打ち上げた。3―4で迎えた6回、DeNA3番手・三嶋の外角寄りスライダーを右中間へ。12日以来となる久々の先発起用で、首脳陣の期待に応えた。

「狙っていた。自分のスイングでしっかり打てた」と振り返った清宮は、先輩たちからの愛ある“イジり”を人知れずパワーに変えていた。後輩ルーキーの吉田輝がプロ初勝利を飾った12日の広島戦、第1打席で流れた登場曲はいつもの「スター・ウォーズ」ではなく、米津玄師プロデュースの2020年東京五輪応援ソング「パプリカ」だった。

2: 風吹けば名無し 2019/06/21(金) 16:54:12.25 ID:yq9mlW8ap
実はこれ、かねて清宮の登場曲について「ダサい」「もっと今っぽい曲の方がいい」と話していた先輩の清水と横尾がイタズラで勝手に登場曲を変更したもので小学生が歌うかわいらしいコーラスに調子を崩したのか、この打席では空振り三振を喫し、次の打席では代打を送られた。

それだけならほほえましいエピソードなのだが、清宮のまさかの激怒でベンチは一変。強い口調で“一喝”されたという清水は「(登場曲が)ルーティンになっているんですかね。まさかあそこまで怒るとは思わなかったです…」と振り返る。

3: 風吹けば名無し 2019/06/21(金) 16:54:51.26 ID:yq9mlW8ap
普段は先輩に“カンチョー”をお見舞いされようと、その気品あふれる振る舞いやプレーから「貴族」とのあだ名をつけられようと、決して怒ることのなかった清宮だが、それだけにこのブチ切れ事件はナインにとっては衝撃的。“イジられ”を強い発奮材料に変え、打席に臨んでいたというわけだ。

20: 風吹けば名無し 2019/06/21(金) 16:59:48.44 ID:cmFidKHH0
いかんでしょこれ


続きを読む

Source: なんJ PRIDE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です