【MLB】大谷、雄叫び&“バット投げ” トラウト敬遠で満塁→押し出し四球で同点、感情爆発

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1559800245/

040
【MLB】大谷、雄叫び&“バット投げ” トラウト敬遠で満塁→押し出し四球で同点、感情爆発

一、二塁の場面で異例のトラウト敬遠、4回には逆転3ラン

■エンゼルス – アスレチックス(日本時間6日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・DH」で2試合連続スタメン出場。第3打席で値千金の逆転3ランを放ち、今季初の2試合連続ホームラン。さらに、第5打席ではトラウトが一、二塁で異例の敬遠をされた後、押し出し四球を選んで同点とした。

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・DH」で2試合連続スタメン出場。第3打席で値千金の逆転3ランを放ち、今季初の2試合連続ホームラン。さらに、第5打席ではトラウトが一、二塁で異例の敬遠をされた後、押し出し四球を選んで同点とした。

 エンゼルスは3回までに7失点で6点ビハインドという苦しい展開。しかし、3回にトラウトの2ランが飛び出すと、続く大谷はメングデンの直球をライト前に運ぶヒット。打球速度112マイル(約180キロ)の痛烈な一打でチャンスを作り、エンゼルスはプホルスやフレッチャーもヒットで続いて2点差に迫った。

 エンゼルスは5回も1死一、二塁のチャンスを作ると、トラウトは凡退したものの、大谷がカウント1-1から右腕ペティットの直球を叩き、センターへの豪快な逆転3ラン。エンゼルスは6点差をひっくり返し、本拠地は大熱狂に包まれた。2試合連続ホームランは今季初となった。

 エンゼルスは救援陣がリードを守れず、8回に2点を奪われて逆転を許す。その裏、2死一、二塁でトラウトを迎えると、なんと申告敬遠。一、二塁から満塁として大谷を打席に迎え、左腕バクターをマウンドに送る。異例の敬遠策のあと、フルカウントから押し出し四球を選んで同点とすると、雄叫びを上げてバットを投げて感情を爆発させた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00399574-fullcount-base

452: 風吹けば名無し 2019/06/06(木) 14:54:37.34 ID:KNTU6feE00606
ワンポイントフォアボーラー

453: 風吹けば名無し 2019/06/06(木) 14:54:37.41 ID:3qc/IwGn00606
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

457: 風吹けば名無し 2019/06/06(木) 14:54:38.53 ID:K/e45DoG00606
おお

続きを読む

Source: なんじぇいスタジアム

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です