【中日対ヤクルト4回戦】中日が4-2でヤクルトを破り3連勝!阿部3打点&笠原2勝目でヤクルトに0.5差肉薄!

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1555676270/

aaa_20190419_211807.mp4_snapshot_00.44_[2019.04.19_21.22.31]

2: 風吹けば名無し 2019/04/19(金) 21:17:57.23 ID:KOFNpALk0
カッタガネー

14
aaa_20190419_211807.mp4_snapshot_00.31_[2019.04.19_21.22.08]
aaa_20190419_211807.mp4_snapshot_00.32_[2019.04.19_21.22.29]

中日、3連勝で20日にも奪首! 阿部3打点&笠原2勝目でヤクルトに0.5差肉薄

ヤクルトは先発の小川が阿部1人に2安打3打点を許して2敗目

■中日 4-2 ヤクルト(19日・ナゴヤドーム)

 中日が今季初の3連勝で首位に肉薄した。19日、本拠地ナゴヤドームでのヤクルト戦。2回に阿部が同点打を放つと、4回には再び阿部が勝ち越しの2号2ランを放って勝ち越した、先発の笠原ら投手陣がリードを守り抜き逃げ切った。

 4年目の29歳が勝利の立役者となった。1点ビハインドの2回に同点適時打を放った阿部は4回、1死一塁で左翼席への勝ち越し2号2ラン。この日3打点を叩き出す大活躍を見せた。

 奪ったリードをリーグトップのチーム防御率を誇る投手陣が守り抜いた。笠原は6回途中まで5安打9奪三振2失点の好投。7回2死二塁で登板した2番手谷元が西浦を打ち取る好リリーフを見せると、ロドリゲス、マルティネス、鈴木博の勝利の方程式で逃げ切った。

 ヤクルトは先発の小川が、阿部1人に2安打3打点を許し、2敗目。打線も再三、走者を出しながらも、内野ゴロの間と犠飛で奪った2点に終わり、あと1本が出なかった。この結果、首位ヤクルトと2位タイ中日のゲーム差は0.5差に。中日は20日の首位攻防戦に勝つと、首位に浮上する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00350436-fullcount-base

4: 風吹けば名無し 2019/04/19(金) 21:17:58.36 ID:giclyFtM0
やったああああああああ

続きを読む

Source: なんじぇいスタジアム

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です