【MLB】ヤンキース・田中将大 今季初登板、3回途中4安打2失点で降板 白星ならず

転載元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1596328114/

tana

1: 鉄チーズ烏 ★ 2020/08/02(日) 09:28:34.13 ID:CAP_USER9
2020年08月02日 09:08野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/08/02/kiji/20200802s00001007160000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/08/02/jpeg/20200802s00001007157000p_view.jpg

 【ア・リーグ ヤンキース―レッドソックス ( 2020年8月1日 ニューヨーク )】 ヤンキースの田中将大投手(31)が1日(日本時間2日)、本拠地ニューヨークでのレッドソックス戦に今季初登板。2回2/3回、51球を投げて4安打2失点、3奪三振1四球でマウンドを降りた。勝敗はつかず、今季初白星はならなかった。

 初回、先頭のベニンテンディをスプリットで空振り三振。続くピラーは守備シフトが裏目に出て一、二塁間を抜ける右前打となったが、デバースを高めの直球で空振り三振、ボガーツを右飛に打ちとって無失点の立ち上がりを見せた。

 ジャッジの4試合連続の4号ソロで1点のリードをもらった直後の2回は、モアランドをニゴロ。バスケスに低めのスライダーを左前打されたが、バートゥーゴをスプリットで中飛、ブラッドリーを外角直球で空振り三振に仕留めた。

 アーシェラの2号満塁弾でリードが5点に広がった3回は、先頭の林子偉を中飛。ベニンテンディは四球、ピラーに左前打されて初めて得点圏に走者を背負った。デバースを中飛に打ち取って2死としたが、ボガーツに真ん中に入った直球を右中間適時二塁打され2点を失ったところで降板した。

 メジャー7年目を迎えた田中はキャンプ再開直後の6月4日の練習中に頭部に打球を受け「軽度の脳振とう」と診断された。リハビリを経て同16日に投球練習を再開。対戦形式の投球を行うなど順調に回復し、この日の登板を迎えていた。

続きを読む

Source: なんじぇいスタジアム

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です