体育授業で眼球負傷・・・小学生が失明

1: 名無しさん 19/11/23(土)10:23:07 ID:zLZ
20191123-00000001-kana-000-3-view

体育授業で眼球負傷、小6失明 走り高跳びの器具を園芸用品で代用 真鶴

 神奈川県真鶴町の町立小学校で今月上旬、体育の授業で走り高跳びの練習中に6年の男子児童が左目を失明する事故が起きていたことが22日、分かった。高跳びの器具は同校の教員が園芸用品を代用して自作していた。神奈川新聞社の取材に、同町教育委員会の牧岡努教育長は「起こしてはならない事故。教育委員会と学校の責任を感じる。申し訳ない」と説明。児童のケアと再発防止に努める意向を示した。

 町教委によると7日午後3時ごろ、6年生約40人が体育館で走り高跳びの練習をしていたところ、バーを支える高さ1メートル超の支柱の先端が男児の左目に当たり、眼球を負傷。搬送先の病院で失明と診断された。

 当時は体育の授業中で、子どもたちは複数のグループに分かれて練習。器具は先のとがった園芸用の支柱2本を児童が支え、約30センチの高さにバーに見立てたゴムひもを張っていた。男児が事故に遭った際、担任教諭は別グループを指導していたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-00000001-kana-l14

4: 名無しさん 19/11/23(土)10:24:19 ID:Pfa
あかん


続きを読む

Source: 日刊やきう速報@野球まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です